児童・生徒の心得

中部テネシー日本語補習校は、週に1度の日本語による学習の場です。
児童・生徒の皆さんは、次のことを守り、意義のある学校生活をおくりましょう。こと細かに、微に入り細につけ遵守事項を列挙するものではありません。皆さんが本校で有意義な楽しい生活を送れ、本校の教育目標が遂行できるための極めて常識的な心得ですから、次のことを自ら考え、自ら行い、そして責任を果たす生き方を望んでいます。
  • 授業を大切にし、精一杯の努力をしましょう。
  • 校舎内外での行動に配慮と注意を行い、安全な生活をおくりましょう。
  • 学校や他人に迷惑をかけないように気をつけましょう。
  • 他の人の心や体を傷つける言動はしないこと。

 

学校生活のきまり

  (1)   借用校として守らなければならないこと
  • 校舎・教室を大切にしようとする。物を壊すなどは論外のことです。
  • 教室・廊下では走り騒いではならない。土曜日に使用している大学関係者に迷惑をかけることになります。
  • トイレはきれいに使い、後始末をきっちりと。
  (2)   学校生活で守らなければならないこと
  • 学習の妨げになる物は持って来てはならない。
  • 昼食時のデザート以外には、校内ではアメ・菓子・ガムを口にしてはならない。
  • 担任の先生の許可なく校外に出てはならない。
  (3)   学習時の約束
  • 授業中は先生の指示に従う。
  • 授業中は、勝手に教室外に出ない。
  • トイレは休み時間に済ませておく。