中牟田校長校長 中牟田義裕
  中部テネシー日本語補習校のホームページをご訪問いただきましてありがとうございます。
本校の設立は、昭和58年(1983年)で、保護者の熱い要望によりマーフリースボロ補習校としてスタートし、今年で32年目を迎えました。
本校は、テネシー州の州都ナッシュビル近郊のマーフリースボロにあり、児童生徒数200名前後の中規模程度の補習校です。学校運営委員の方々を中心に、多くの保護者、ボランティアの皆さんの支援により、学校運営がなされています。
本校は日本に帰国する子ども達が、日本語で会話しながら日本の国語・算数(数学)の教育内容の一部を日本語で学び、帰国後の学校教育・学校生活への適応、人格形成を目的とした年間44回の土曜日だけの学校です。
普段、現地の学校で英語で学ぶ子どもたちにとって、補習校は数少ない日本語や日本文化を学ぶ場の一つとなっています。海外在住の児童生徒が増加している現在、補習校の果たす役割は益々重要であると考えます。
このアメリカテネシーの地で貴重な異文化体験をしている子どもたちは、きっと将来、世界を舞台に活躍してくれるものと期待しています。

 

中部テネシー日本語補習校 校長 中牟田義裕
2016年1月1日